改めて、当院での新型コロナウイルス対策について

うつ・自律神経専門整体院、たくや整体院院長の藤嶋です。

 

全国で唯一、新型コロナウイルス感染者の報告がなかった岩手県にも、ついに感染の報告がありましたね。

ただ、感染者が報告されたからと言って、当院で行っていく内容に変わりはありません。

出来るだけ感染リスクを減らして、皆さまを施術していくということです。

 

そこで今回は改めて、当院で行っている新型コロナウイルス対策をお知らせしようと思います。

完璧な対策を行えているとは言えませんが、いずれも当院で出来うる限りの対策です。

また、科学的に疑わしい対策や、対策を行ったつもりなのにかえって患者さんの健康を害する可能性のある対策については行っておりません。

 

当院で行っている新型コロナウイルス対策は主に次の通りとなっています。

  • マスクを適切に使って、口から出る飛沫を可能な限り防ぐ
  • ベッドや待合室のイスなどには、消毒用アルコールでの除菌を行う
  • ひとりの患者さんの施術を終わった後の手洗いの徹底
  • 密閉空間にならないよう、適切な換気
  • 体調が思わしくない時の臨時休業や、施術のお断りの徹底

ひとつひとつの対策について、より詳しくご説明させていただきます。

新型コロナウイルスの一番の感染経路は、口から出る飛沫です。

そのため当院では、常にマスクを着用して問診・施術をしております。

マスクも一時期在庫不足のため、当院でも入手できない時期がありましたが、現在それは解消されております。

少なくとも1年以上は使えるだけのマスクを確保しておりますので、ご安心下さい。

 

また、患者さんにもマスク着用をお願いしておりますが、以下のような場合はマスクを外すことを認めております。

  • マスクをしてうつ伏せになっていると苦しくなる場合
  • 仰向けになるときも、あまり話さないで施術を受けていただける場合
  • 会話する際も、一定のソーシャルディスタンスを守っていただける場合

上記以外にも、マスクを着用し続けるのが難しい場合は遠慮なくお申し出下さい。

当院では施術ベッドにタオル等を使っての使いまわしは行っておらず、お一人施術を終えるごとに消毒用アルコールでベッド全体を消毒してから、次の患者様をお迎えするようにしています。

また、うつ伏せの時にお顔が当たるところにも、タオルではなく使い捨てのフェイスペーパーを使用しています。

もちろんこの部分も、お一人施術を終えるごとに消毒用アルコールで消毒してから次の施術に入るようにしています。

 

消毒用アルコールは、一時期より入手しやすくなっていますが、それでもまだ十分行き渡っているとは言えません。

当院では専用業者を通して、安定して供給してもらうようにしておりますので、その点はご安心下さい。

 

また、あまり知られていませんが、消毒用アルコールも日光に当てるなど、保管方法によってはその有効性を低下させてしまうこともあります。

そのため、当院では消毒用アルコールを保管する際も直接日光に当たらないような場所で保管しています。

実際に使用する際も、遮光容器に入れて使用していますので、アルコールの除菌効果は保たれたままとなります。

新型コロナウイルスは手指を介して感染することが多いので、予防には何より手洗いが重要です。

当院でもお一人の施術を終えるごとに手をしっかり洗ってから、次の患者様をお迎えするようにしています。

洗った手を拭くのも使いまわしのタオルではなく、使い捨てのペーパータオルを使用していますので、ご安心下さい。

 

また、手指のアルコール消毒については、しっかり手を洗えた時は基本的に行っておりません。

これは手洗いをしっかり行えた時は、アルコール消毒を行わなくても手指にウイルスがほぼ残存しないという研究結果が出ているからです。

ただし、施術中に電話に出るなど患者さんのお身体以外に触るようなことがあった場合は、手指をしっかりアルコール消毒させていただきますので、ご安心下さい。

院内が密閉空間にならないよう、換気扇を常に回して院内換気に努めております。

 

また、当院では院内空間に次亜塩素酸水を噴霧することは行っていません。

次亜塩素酸の噴霧には確かに一定の除菌効果があります。

ただし、噴霧する機械によっては、その範囲はとても狭いものということが分かっています。

 

また、これが一番大きな理由ですが、消毒用アルコールも次亜塩素酸水も、除菌効果があると同時に人体にもそれなりのダメージを与えます。

そのため、比較的皮膚が丈夫な手指消毒には良いかもしれませんが、噴霧して喉などに吸い込まれることで二次的な健康被害の懸念も生じるからです。

当院では予約優先制を導入しておりますので、待合室に多くの患者様がいらっしゃるということはありません。

ただ付き添いの方などが長時間お座りになるケースもありますので、平日は午前と午後の施術が終わった後、土日祝日は営業中の中ほどで1~2回、待合室のベンチをアルコール消毒しています。

併せて多くの方が手を触れる、ドアノブやウォーターサーバーなども、定期的にアルコール消毒しております。

 

僕自身も毎朝検温して、37.5℃以上の発熱があるときや咳が続くようなときには、その日の施術はキャンセルとさせていただくことにしています。

また患者さんにも、同様な症状がみられる場合は、その日の施術を取りやめさせていただきます。

 

当院の規模で出来ることには限りがあるかもしれませんが、出来るだけご来院される患者様が安心して施術を受けられるよう努めてまいりますので、気になる点がありましたら、遠慮なく仰って下さるようお願い致します。

新型コロナウイルスを過度に怖がらず、でも必要な対策は怠らないようにして、早くこのコロナ渦を収束させていきましょう(^^)/