4つのストレス

4つのストレス

様々なストレスイメージイラスト

交感神経の働きが過剰になり副交感神経の働きが低下する大きな要因にストレスがあります。

ストレスというと精神的なものを思い浮かべる方が多いと思います。決して間違いではありませんが、私たちが感じるストレスには「精神的ストレス」「構造的ストレス」「化学的ストレス」「温度・湿度のストレス」の4つがあります。

その4つのストレスの説明と、そのストレスに対する対策をご紹介します。

1.精神的ストレス

イメージ写真

嫁姑、親兄弟、職場関係、親戚ご近所など人間関係、他にも犬嫌いな人が犬に遭遇する...といったことも精神的ストレスになりえます。

つまり、あなたが『嫌だなぁ』と感じればそれが精神的ストレスになる可能性があるのです。

そんなストレスに対し、多くの人が『我慢』をします。
これを心理学的には『感情の抑圧』と呼びます。

その抑圧の方法の殆どが怒りや悲しみといった感情を我慢し、体の中にため込み、無意識のうちに筋肉を緊張させて感情を抑圧させています。そうしてため込んだ感情を抑え込めなくると、重いうつ病や自律神経失調症となってしまいます。

過度のストレスをため込んでいる人は体が緊張して硬くなっていることが多いのです。

では、どうすればこれを防ぐことができるのでしょうか?
感情の開放

感情を開放するといっても職場や家庭などでやみくもに開放すれば良いってもんじゃありません。要は感情を出すべきところで適切に開放させてあげればいいんです。

  • 大きな声で歌う
  • 運動する など

重要なのは『声を出して体を動かす』ということです。

ネガティブ思考の改善

ストレスをため込んでいる人は往々にしてネガティブ思考に陥りやすくなっています。思考を変えるのは難しいことですが、体の状態が悪くなると程度の差はあれ誰でもネガティブ思考になっていきます。

そのため筋肉の過度な緊張を緩め、体の調子を整えてあげることである程度ネガティブ思考を少なくしていくことが可能です。

たくや整骨院では、
カウンセリングとワークを行います。
ワークは体を使ったり声を出したりすることもあります。
これはソマティック心理学に基づいて行います。

2.構造的ストレス

イメージ写真

筋肉の異常な緊張や背骨・骨盤のゆがみ、慢性的な肩こり・腰痛など、体の構造的問題によるストレスです。

上の様な症状が長期間にわたると私たちの脳は大きなストレスとして認識します。

更に、これらは密接に関与しているので、どれかが悪くなればそれに引っ張られるように他の箇所も悪くなっていきます。

では、どうすればこれを防ぐことができるのでしょうか?
呼吸

猫背や過度に反り返った姿勢では呼吸もしづらいだろうというのは容易に想像できるでしょう。

姿勢を改善させるだけで呼吸する力が戻り、自然と自律神経が整い心も前向きになり、症状さえ改善していくことも多いのです。

脳脊髄液

また、うつ病患者の多くが脳脊髄液の流れの悪さから淀みや濁りを起こしています。
これを引き起こしているのが頭蓋骨のゆがみや、頭や首の筋肉の緊張です。

そのため首のストレッチなども効果的ですが、それでも改善が見られない場合は専門家に診てもらう必要があります。

たくや整骨院では、
筋肉に対しての施術と自律心体療法を行います。

3.化学的ストレス

イメージ写真

これは私たちの体内に入ってくるストレスです。

タバコやアルコール、食品添加物など分かりやすいものもありますが、意外なものが化学的ストレスになることもあります。

その代表的なものがカフェインと砂糖です。

カフェイン

カフェインには交感神経を強制的に働かせてエネルギーを無理に絞り出そうとする働きがあるので、うつ病や自律神経失調症の方が摂ってはいけない代表的なものです。

体のエネルギーが減少している状態でカフェインを摂ることで、無理にエネルギーを絞り出すことになるので、カフェインの効果が切れるとさらに症状が悪化してしまうのです。

うつ病や自律神経失調症の方に必要なのは、
休息をとってエネルギーが溜まってくれるのを待つことなのです。

砂糖

砂糖を摂ると血糖値が急激に上昇しますので、それを下げるべく今度は膵臓からインスリンというホルモンが大量に放出されます。
大量に出てしまうので、今度は逆に血糖値が低血糖へと急降下してしまうのです。

やる気が出ない・だるい・イライラするなど、この低血糖の状態ではうつ病や自律神経失調症を悪化させてしまうのです。

症状を防ぐポイント
  • 空腹時に甘いものを摂るのは控えること
  • 白砂糖のように精製された糖類を摂らないこと

※うつ病や自律神経失調症には他にも摂ってはいけないもの逆に積極的に摂るべきものがありますので詳しいことはご来院の際にお聞きください。

たくや整骨院では、
生活習慣指導を行います。
全ては問診であぶりだしていきます。

4.温度・湿度のストレス

イメージ写真

極端に暑い場所や寒い場所、または梅雨時のジメジメした感じはそこにいるだけで脳や体はストレスに感じ、余計なエネルギーが奪われていきます。

うつ病や自律神経失調症の方はエネルギーが不足していることが多いので、極端な暑さや寒さは症状を悪化させることがあります。

出来るだけ快適な環境で過ごすことを心掛けて下さい。

入浴時の注意

温泉などの入浴は体をリラックスさせる効果もありますが、長湯はいけません。

長く入浴すると逆に体が疲れてしまいエネルギーを消耗させることになってしまいます。

気温に関すの注意

湿度が高い時にはゆっくりと過ごすようにした方が良いでしょう。逆に、低い時には晴天のことが多いですから活動的になりやすいです。

でもそうすると後からその反動が来ることもありますので、その辺をコントロールする必要があります。

また、気温差が大きい時には無理に外出しない方が良いでしょう。大きな寒暖差もストレスになります。

たくや整骨院では、
化学的ストレスと同様、生活習慣指導を行います。
全ては問診であぶりだしていきます。

ストレスの器

このように、4つのストレスがありますが、それを受け止める私たちの体は一つきりです。
たとえばそれをストレスを器としましょう。

ある人のストレス容器の上限が10だとします。
その人は重い鞄を背負って毎日会社へ行き、朝から晩までずっと猫背の姿勢でパソコン前のデスクワークに追われています。慢性的な肩こりや腰痛、多分骨格のゆがみもあるでしょう。
この人の構造的ストレスが4だとします。

この人はまだ独身で食事はほぼ毎日外食でした。
時間にも余裕がないので、ファストフードかコンビニのお弁当という日々が続いています。
様々な食品添加物を過剰に摂取した結果化学的ストレスが3だとします。

また職場でのデスクがちょうどエアコンの吹き出し口にあったため、夏の冷房や冬の乾燥に悩まされた結果温度や湿度のストレスが2だとします。

ここまででこの人のストレス容器には合計9のストレスがたまってしまいました。
そうすると残るストレス容量はわずか1つです。

このような人は、ほんの少し精神的ストレスが加わっただけで容易に自律神経失調症が発症してしまうかもしれないのです。

自律神経失調症ひいてはうつ病を治し予防していくには、この4つのストレスをいかに軽減してコントロールできるかにかかっているのです。

4つのストレスに対する施術の流れ うつ病・自律神経失調症に関するメール無料相談を受付中!ご相談はこちらから
たくや整骨院
【所在地】 〒020‐0122 岩手県盛岡市みたけ4‐17‐36 ファイン21 103
専用駐車場4台
【行き方】 IGRいわて銀河鉄道 厨川駅 徒歩18分
岩手県交通 みたけ4丁目バス停 徒歩2分
【責任者】 藤嶋琢也
【営業時間】
平 日 8:15~12:00(最終受付11:15)
14:00~20:45(最終受付20:00)
土・日・祝日 8:00~17:45(最終受付17:00)
【定休日】 水・木曜日
電話番号019-641-0171
メールでのお問い合わせ
365日24時間予約ができます。オンライン予約はこちらから
24時間365日オンラインネット予約ができます。 施術を受けた患者様から喜びの声を多数頂きました! たくや整骨院と病院の6つの違い
はじめての方へ
当院が選ばれる理由
たくや整骨院と病院の違い
施術の流れ
よくある質問
予約方法
うつ病・自律神経失調症 このような症状はございませんか? うつ病と自律神経失調症とは? 4つのストレスについて 交通事故治療は整骨院でも受けることができます 足関節捻挫について 各症状と施術例
たくや整骨院について
当院のこだわり
院長プロフィール
院内風景
施術料金
地図・行き方
日々のことや健康のこと随時更新します!院長日記お知らせ
アクセス

〒020‐0122
岩手県盛岡市みたけ4‐17‐36
ファイン21 103
専用駐車場4台有

IGRいわて銀河鉄道 厨川駅
徒歩18分
岩手県交通 みたけ4丁目バス停 徒歩2分

お気軽にお問い合わせください!ご予約・お問い合わせはこちらから 電話番号019-641-0171

営業時間
【平日】
8:15~12:00 (最終受付11:15)
14:00~20:45 (最終受付20:00)
【土・日・祝日】
8:00~17:45(最終受付17:00)

定休日
水・木曜日

メールでのお問い合わせはこちらから

たくや整骨院の口コミをもっと見る

ページ上部へ戻る